マニュライフ生命 保険一覧

外貨終身保険

こだわり外貨終身 (正式名称:無配当外貨建終身保険(積立利率変動型))

0歳~80歳

終身

外貨を活用した、一生涯の死亡保障で資産形成機能も備えた平準払の終身保険です。

  1. 一生涯にわたって保障が継続します。

    万が一のことがあった場合、死亡・高度障害保険金をお支払いいたします。

  2. 契約通貨を「米ドル」または「豪ドル」のいずれかから選択。現在日本に比べて高い海外の金利を活用した充実した保障が期待できます。

    契約通貨で「米ドル」をお選びいただいた場合はアメリカの市場金利、「豪ドル」をお選びいただいた場合はオーストラリアの市場金利を指標として、マニュライフ生命が毎月設定する「基準積立利率*」に基づいて積立利率が設定され積立金を運用します。

    *基準積立利率は、契約通貨に対応する指標金利のマニュライフ生命の定める期間における平均値に-1.0%から1.5%を増減させた範囲内でマニュライフ生命が定めた利率となります。

  3. 積立利率を毎月更改することにより、金利の変動に対応してゆるやかに連動する仕組みとなっております。

    積立利率が固定される場合、契約時の市場金利が低かったとき、保険期間中にわたって低い利率が適用されることになります。一方で、「こだわり外貨終身」の積立利率は毎月更改されるので、契約時の積立利率で固定されることなく、契約のタイミングを気にする必要がありません。

    ※積立利率は年1.5%が最低保証されます。

  4. タバコを吸わない被保険者の場合、標準保険料率よりも保険料が割安な非喫煙者保険料率を適用することができます。

    非喫煙者保険料率は、過去1年以内に喫煙をしていないことなど(喫煙歴については告知に加えてマニュライフ生命所定の検査を実施させていただきます)が適用の条件となります。検査結果などによっては、非喫煙者保険料率でのご契約をお引き受けできない場合があります。

  5. 特約の付加*により、保険料払込期間中に特定疾病(ガン、急性心筋梗塞、脳卒中)で所定の状態になったとき、以後の保険料の払い込みが免除されます。保険料の払込免除後も保障は継続され、免除される前より解約返戻金が増加します。また、解約控除の適用がなくなります。
    * 「特定疾病保険料払込免除特約(17)」を付加した場合

    解約返戻金を治療費や療養生活をサポートする資金としてご活用頂くこともできます。

    ※解約された場合、以後の保障は消滅します。

ご注意事項▼

為替リスク

この保険は外貨で運用するため、為替相場の変動による影響を受けます。したがって、「お支払い時点の為替相場で円換算した保 険金額など」が、「お払い込み時点の為替相場で円換算した保険料の総額」を下回ることがあり、損失が生じるおそれがあります。 為替相場の変動に伴うリスクは、ご契約者または受取人が負います。
●契約通貨建の保険料を円に換算した金額は、「円入金特約」の為替レートの変動に応じて、お払込みのたびに変動(増減)します。
●「円支払特約E型」を付加して円に換算してお支払いする保険金額などは、「円支払特約E型」の為替レートの変動に応じて、変動(増減)します。このた め、 「ご契約時点の為替相場で円換算した保険金額など」を下回ることがあります。

費用

この保険には、保険関係費がかかるほか、解約、減額時および払済定額終身保険への変更時に解約控除がかかります。また、外貨のお取り扱いによる費用がかかる場合があります。無配当年金特約または無配当年金支払移行特約を付加した場合、年金支払期間中には年金管理費がかかります。

保険関係費

  • お払い込みいただいた保険料のうち、その一部は保険契約の締結・維持に係る費用に充てられ、それらを除いた金額が運用されます。また、ご契約後も定期的に保険契約の締結・維持、死亡保障に係る費用等が控除されます。

    ※保険関係費は、契約年齢・性別等によって異なるため、一律には記載できません。

解約、減額時および払済定額終身保険への変更時にご負担いただく費用

  • 解約、減額時および払済定額終身保険への変更時に、契約日から解約した日、減額した日または払済定額終身保険への変更日までの経過年月数に応じて積立金額から解約控除をご負担いただきます。
  • 解約控除をご負担いただく期間は、契約日から10年間とします。

    ※解約控除は、経過年月数・保険料払込期間などによって異なるため、一律には記載できません。

    ※払済定額終身保険への変更後の解約および減額時に、解約控除のご負担はありません。

    ※特定疾病保険料払込免除特約(17)により保険料のお払い込みが免除された場合には、契約日から10年以内の解約、減額であっても 解約控除のご負担はありません。

外貨のお取り扱いによりご負担いただく費用

  • 保険金などを外貨でお受け取りの際には、金融機関により手数料(リフティングチャージなど)をご負担いただく場合があります。(くわしくは取扱金融機関にご確認ください。)
  • 次の場合、下表の為替レートと対顧客電信売買相場の仲値(TTM)*との差額は、為替手数料として通貨交換時に ご負担いただきます。
    ①「円入金特約」を付加し、保険料などを円でお払い込みいただく場合
    ②「円支払特約E型」を付加し、保険金などを円でお支払いする場合
    ③「無配当年金特約」および「円支払特約E型」を付加し、年金基金を円に換算する場合
    ④「無配当年金支払移行特約」および「円支払特約E型」を付加し、主契約の積立金を円に換算する場合
    *対顧客電信売買相場の仲値(TTM)は、マニュライフ生命が指標として指定する金融機関が公示する値とします。
項目 契約通貨
米ドル 豪ドル
①「円入金特約」の為替レート 契約通貨のTTM+50銭
②③④「円支払特約E型」の為替レート 契約通貨のTTM-1銭 契約通貨のTTM-3銭
※2017年8月現在。外貨のお取り扱いによりご負担いただく費用は、将来変更されることがあります。

無配当年金特約または無配当年金支払移行特約を付加した場合、年金支払期間中にご負担いただく費用

  • 年金支払期間中、次の年金管理費をご負担いただきます。
項目 費用
年金管理費(年金支払の管理にかかる費用) 責任準備金額に0.4%を乗じた金額 年金支払日に責任準備金から控除します。

外貨個人年金保険

こだわり個人年金(外貨建) (正式名称:無配当外貨建個人年金保険(積立利率変動型))

0歳~60歳

保証期間付終身年金:終身(保証期間10年)
確定年金:5年または10年

「外貨」を活用して、「安定」「柔軟」な資産作りをめざす個人年金保険です

  1. 積立金は外貨で運用

    海外の金利を活用した運用成果が期待できます。

  2. 積立利率を毎月更改

    金利の変動に対応して積立利率もゆるやかに連動します。

  3. ご契約後も柔軟に対応

    相場や家計の状況に合わせてご契約内容を変更できます。

  4. お払い込みは一定額の「円」で月々1万円から

    お払い込みいただく金額は、一定額の「円」で確定しているので、毎月の円でのお払込額が増減することはありません。

  5. 個人年金保険料控除の対象となります(個人年金保険料税制適格特約)

    お払い込みいただいた保険料は、「個人年金保険料税制適格特約」を付加し、所定の要件を満たせば、「個人年金保険料控除」の対象となります。

    ※税務上のお取り扱いについては、2017年3月現在の内容であり、今後、税制の変更等によりお取り扱いが変更となる場合がありますのでご注意ください。また、個別の税務等の詳細については税務署や税理士等、専門家にご確認ください。

リスク・費用▼
★ご注意ください

この保険にはリスクがあります

この保険は、外貨で運用するため、為替相場の変動による影響を受けます。したがって、お支払い時点の為替相場で円換算した年金の支払総額や死亡給付金額などが、お払い込みいただいた保険料円払込額の総額を下回ることがあり、損失が生じるおそれがあります。為替相場の変動に伴うリスクは、契約者または受取人が負います。なお、為替相場の変動がなかった場合でも、為替手数料分のご負担が生じます。

費用について

この保険にかかる費用について
この保険には、保険関係費がかかります。そのほか、解約時に解約控除、年金支払期間中には年金管理費がかかります。また、外貨のお取り扱いによる費用がかかる場合があります。
  • 保険料円払込額を契約通貨に換算した保険料額は、「保険料円入金特約C型」 の為替レートの変動に応じて、お払い込みのたびに変動(増減)します。
  • 「円支払特約C型」を付加して円に換算してお支払いする年金額は、「円支払特約C型」の為替レートの変動に応じて、年金のお支払いのたびに変動(増減)します。
  • 「円支払特約C型」を付加して円に換算してお支払いする死亡給付金額などは、「円支払特約C型」の為替レートの変動に応じて、変動(増減)します。
  • 「円建年金移行特約C型」を付加して円に換算する年金原資額は、「円建年金移行特約C型」の為替レートに応じて、変動(増減)します。

保険関係費

  • お払い込みいただいた保険料のうち、その一部は保険契約の締結・維持に係る費用に充てられ、それらを除いた金額が運用されます。また、ご契約後も定期的に保険契約の締結・維持・死亡保障に係る費用等が控除されます。
    ※保険関係費は、契約年齢・性別等によって異なるため、一律には記載できません。

解約時にご負担いただく費用

  • 解約時に、ご契約日からの経過月数(保険料をお払い込みいただいた月数)に応じて、以下の解約控除をご負担いただきます。
項目 費用
解約控除 積立金額×36%×(1-経過月数/120) 解約時に積立金から控除します。

年金支払期間中にご負担いただく費用

  • 年金支払期間中、以下の年金管理費をご負担いただきます。
項目 費用
年金管理費【年金支払の管理にかかる費用】 責任準備金額に0.4%を乗じた金額 年金支払日に責任準備金から控除します。

外貨のお取り扱いによりご負担いただく費用

  • 年金や死亡給付金などを外貨でお受取りの際には、金融機関により手数料(リフティングチャージ等)をご負担いただく場合があります(くわしくは取扱金融機関にご確認ください)。
  • 次の場合、下表の為替レートと対顧客電信売買相場の仲値(TTM)との差額は、為替手数料として通貨交換時にご負担いただきます。
    ①「保険料円入金特約C型」を付加し、保険料円払込額をお払い込みいただく場合
    ②「円支払特約C型」を付加し、年金等を円でお支払いする場合
    ③「円建年金移行特約C型」を付加し、円建年金への移行に際して、年金原資額を円に換算する場合
※対顧客電信売買相場の仲値(TTM)は、マニュライフ生命が指標として指定する金融機関が公示する値とします。
項目 契約通貨
米ドル 豪ドル
①「保険料円入金特約C型」の為替レート 契約通貨のTTM+50銭
②「円支払特約C型」の為替レート 契約通貨のTTM-1銭 契約通貨のTTM-3銭
③「円建年金移行特約C型」の為替レート 契約通貨のTTM-1銭 契約通貨のTTM-3銭
※2017年4月現在。外貨のお取り扱いによりご負担いただく費用は、将来変更されることがあります。

終身保険

こだわり終身保険v2 (正式名称:無配当終身保険Ⅱ型(低解約返戻金特則付))

満0歳~90歳

終身

未来に受け渡していく「財産」を大切なご家族に、そして将来のあなたご自身に

  1. ガン・急性心筋梗塞・脳卒中で所定の状態になったとき、以後の保険料の払込を免除します(特定疾病保険料払込免除特則)

    特定疾病保険料免除特則を適用すると、特定疾病(ガン・急性心筋梗塞・脳卒中)で所定の状態になったとき、以後の保険料の払い込みは不要となります。 また、払込免除になった場合は、その払込免除事由の発生時に一時に保険料の払い込みがあったものとしてお取り扱いします。

  2. 将来に向けた資金準備にも活用できます

    保険料払込期間満了後もご契約を継続していただくと解約返戻金は払込保険料総額相当を目指すことが可能です。
    ※低解約返戻金特則の適用により、保険料払込期間中の解約返戻金は、特則を適用していない場合の解約返戻金の70%(低解約返戻金割合)の水準となります。終身払の場合は一生涯、低解約返戻金期間が継続します。また、ご契約年齢・性別・保険料払込期間などによっては、解約返戻金が払込保険料総額を上回らない場合もあります。詳しくは設計書等でご確認ください。

  3. タバコを吸わない方は保険料が割安*になります

    タバコを吸わない被保険者の場合、非喫煙者保険料率(ノンスモーカー料率)が適用されます。
    *非喫煙者保険料率(ノンスモーカー料率)は、過去1年以内に喫煙していないこと等(喫煙歴については告知に加えマニュライフ生命所定の検査を実施させていただきます)が適用の条件となります。

MLJ(STDG)17080563
ページトップへ